2011年10月19日

ホームページ作成心療内科未承認のやせ薬、ネット販売の男7人逮捕 世界的集中取り締まり

インターネットで未承認薬のやせ薬「セルナーゼ」を売ったとして、警視庁生活環境課は薬事法違反(医薬品の無許可販売など)の疑いで、東京都渋谷区広尾の通信販売会社「H・A・L」の社長、八重田敏文容疑者(27)ら男計7人を逮捕した。

 八重田容疑者らは「セルナーゼが何でできているのかも知らなかった。売り上げを伸ばすためにやった」などと容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、今年3月2日~5月9日ごろ、ネットのホームページで、セルナーゼについて、「血管拡張」「老廃物排出機能あり」などと医科学的根拠のない効能を示し、医薬品として男女計7人に、計約3万4千円で売ったなどとしている。

 今月20日~27日は、ICPO(国際刑事警察機構)などが主催するネットでの未承認薬の広告、販売を取り締る世界的なキャンペーン期間で、日本も参加。警視庁は期間中、八重田容疑者らを逮捕した

ホームページ作成株式会社杉山システム
posted by 診療 at 00:48| Comment(0) | ホームページ作成心療内科 | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

心療内科ホームページ作成岩手のイメージアップポスター、今年は「笑顔」で「復興支援への恩返し」 /岩手 みんなの経済新聞ネットワーク 9月15日(木)17時56分配信

毎年、この時期に県外を対象とした観光と物産のブランディング戦略として制作していたが、今年は義援金やボランティア活動など、震災復興支援への恩返しとして感謝のメッセージを込めた。

 ポスターは水色を基調とした「復興編」と黄色の「黄金の國、いわて。編」の2種類6パターンを用意。キャッチコピー「いわてと笑顔に」を添えた「復興編」では、漁師や野球少年など、被災地でも笑顔を絶やさない人々にスポットを当てたたほか、「黄金の國、いわて。編」では、「いわてで笑顔に」をキャッチコピーに温泉や自然などほとんど被災のない内陸部の観光面をアピールした。

 サイズはいずれもB3判で、発行枚数は計1200枚。いずれも県外で行われる復興支援を目的とした物産展などで掲示されるほか、10月いっぱいは首都圏のJRと都営地下鉄各線の中づり広告や駅構内の広告として掲出される予定。このほか復興フェアなどで掲出を希望する場合は個別に応じる。

ホームページ作成株式会社杉山システム
posted by 診療 at 20:31| Comment(0) | 心療内科ホームページ作成 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。